幸せってなんだろうと、たまに思うことがある。自分は大切にしたいね

私は夢見る少女から40年。今はただのおばちゃんです。
主婦であり母であり、嫁であり妻であり、ばあばでもある。
毎日バタバタのパタパタママではなく、バタバタババアになってしまった。
体はいたって元気。
毎日があっという間に過ぎ去り日々同じ日の繰り返し・・ふとこれでいいのか?これが幸せというものなのか?
何か物足りないような、、、
幸せとは何かと考えることがある。
食べていることが幸せなのか?
一人、口ずさんで家事をしているときが幸せなのか?
孫とたわむれているときが幸せなのか?

私は昔、歌手を夢見ていた。『私、歌手になってお母さんを楽にしてあげるからね』といってあげた母も夢かなわず、天国へあがってしまった。

私はいったい何を求めているのだろうか?

一生懸命がんばっても、みんなありがたいと思っていない・・・。
ひとり空回りしている。仕事でも家庭でも一緒。

細く長くつないだ仕事場も一緒。誰もかも当たり前と思っているだけ。どこでも当たり前と思っているだけ。

結局は私はいい人になっているだけ。
そう、いい人を演じているのだ。
だから幸せというのが分からなくなるのかもしれない。

あ~いい人をやめたい。

私自身、自分のことだけを大事にしてあげたい。

でも、変えられない私がいる。変えるのが怖いのだ。
自分を押し殺している私。
いい人を演じている私。
これを壊さない限り、幸せなんてわからないのかもしれない。

あ~私を大切にしてあげたい。

ときどき、わからなくなり迷ってしまう・・・深い深い闇に飲まれるかのように。

そんな時、自分を呼び戻してくれるのが、深夜に見るドラマ。

主役になり、自分を癒す。
この時間が唯一私の幸せな時間なんだと言い聞かせているのかもしれない。











一生懸命がんばっても





わからなくなりときどき迷ってしまう・・・。
そんな時はドラマをみて自分を癒す。この時間が唯一私の幸せな時間なんだと。










今日は定期受診!ばあちゃんの左足になる

今日も一日じいちゃん、ばあちゃんとのお付き合いで時間が過ぎていく。
ばあちゃんの定期受診。手を引きながら歩く、右手が下がるくらい力をまかせるばあちゃん。
『おもっ!!』と思うががまんがまん。
足の痛むをかばうため、重心は私のうでに・・・
いつも移動するときは、私は左側。
右側いけば、『あんたそっちと違うやろ』と。

レントゲンを撮り、受診も無事に終わる。次回は8月。また暑い日なんだろうな。

そのころ、じいちゃんは一人でお家。
『こけたらあかんから、一人でお家のときは、外にでたらあかんで、ゆっくりテレビでも見ときよ。』と出てきたが、大丈夫だろうか?
じいちゃんはいつも無口。
ばあちゃんに何を言われよと無口。
何を考えているのはわからないことが多い。
椅子に座っているかと思えば、一人でウロウロしだすこともしばしば。
その都度、ばあちゃんに『あんたこけたらどないするんや!座っとき!』とお叱りがある。
今日は、一人でお家。大丈夫だろうか?

『ただいま』と家に入ると時代劇の音がする。ああ~テレビを見ていたなと、ふと安心。
じいちゃんの第一の楽しみは時代劇を見ることである。

『なんか温かいもんでも入れようか?』
『そやなあ』と3人で甘い物を食べ、お茶をし、くつろぐひととき。
3人とも共通することがある。
それは甘いもの好きであること。
特にばあちゃんは、甘いものに目がない。常に間食をしている。
『これ、おいしくないわ!あんたが食べ』とおいしくないものの処理は私がすることもしばしば。
間食が多いこともあり、普段の食事は小食。
気に入らなければ食べないことも多い。
『あんた味付け濃い。』と今日も指摘された。
たまには感謝の言葉が欲しい。せめてありがとうの一言でも・・・。
他人にはよく言う言葉。なのに私には今まで1回も言われたことがない言葉。
今日も2人の守は終わった。
やっと私のドラマの時間が来た。今日もうとうとしながらも見るであろうドラマ。あ~幸せな時間だ。




【嫁と姑の関係】なぜ、わかってくれないの?私はあなたの奴隷

ジリリリリ、、、ジリリリリ、、いつもの目覚ましが鳴る。
まだ朝の5時過ぎ・・・
『もうちょっと寝かせて~もうちょっとでいいから』と布団の中に潜り込む。
『ワン!!ワン!!ワンワンワン』とポチが鳴く。
『あ~嫌だ~でも起きなきゃ、起きなきゃという自分がいる。寝たい自分と起きなきゃの自分とたたかう。布団をはぎ起きる。勝負がついた。

朝の始まりはまずポチの散歩からだ。朝の散歩が遅いと必ずポチは吠える・・・。『ワンワンワン・・・』近所迷惑になる前に散歩に行くのだが、今日は眠さに負けた。

眠いけどがまんがまん。自分が飼いたいといって買ったポチもかわいそうなもの。
考えるとママと生まれたときから離れ離れで1匹で生きている。人間がしてやらなきゃ何もできない環境。
私が散歩をしないと外に出たくても出れない。
そう考えると、眠いなんて言ってられない。
ただ、私は散歩は嫌いではない。太陽の日差しを浴びながら自然の空気を吸い気持ちいい。
今日も空を見上げた。
太陽の日差しと雲の流れに生きている実感をした。
『真っ赤の燃えた太陽だから~♪』
と、美空ひばりさんの歌が浮かんできた。
小声で口ずさんでいると、
『空今~あこがれ色に輝き二人呼ぶわ~♪』
と天地真理さんの空いっぱいの幸せが、浮かんできた。
私は小さいころから歌が大好きでこんな時間に幸せを感じている。
ぐる~と散歩をしながら家に戻る。
ポチも満足した様子。

朝ごはんを作り、旦那様を送り。今日は私も仕事なのでバタバタ。
じいちゃん、ばあちゃんの足にはなれないが、私は仕事が好き。

私は介護の仕事しており、利用者様のお風呂担当である。
汗を流し、職員の仲間と会話しながら作業するのは楽しい。苦しみではない。
マイペースで、私はいつもマイペース。無理はしない。自分のために。
仕事は13時までである。

職場から帰ると、心が沈んだ、じいちゃん、ばあちゃんがいる。職場であんなに笑っていた笑顔が消える瞬間でもある。
そう、もう一人の自分が出てくるのだ。自分が出せない。心が半分さみしい気持ちになる。今日は昼飯を食べて、そのあと買い物に出かけた。
ばあちゃんの顔が少し微笑む。

家にこもっているのはよくないのはよくわかる。
外に出かけさせてあげようと思うが、私の仕事も大事である。

その辺りは理解して我慢してほしいが、『私らどこもいかれへんわ』と必ず愚痴をこぼす。
そう毎回である。
気持ちはわかる。よーくわかる。
しかし、私の体はひとつ。あれもこれもできないのだ。
なぜわかってくれないのだろうか・・・。

あなたのいうことはできる限りしてきているのに、なぜわかってくれない・・・・
なぜ、ありがとうの一言もいえないのだろうか・・・。

今日も私の唯一一人でいられる時間がやってきた。あ~待ち望んだドラマの時間だ。目をこすりながらうとうとしながらでも見てしまうんだろうな。







【嫁と姑】私はひまわりのおばさん

私は、夢見る少女から40年、今はただの主婦。
今でも夢見るおばさんです。
何のとりえもない何の特技もない、妻であり嫁であり、、母であり、、山あり谷ありの40年・・・
笑顔でありたいと何事も対しても悪く思いたくない。
大丈夫、大丈夫といいたいけど、そんな世の中は甘くない。

最近、伊藤咲子の『ひまわり娘』をよく口ずさみます。
『誰のために咲いたの~それはあなたのためよ~♪
あなただけの花になりたい~♪』
そんなひまわりの花。
私もひまわりのようでありたいと毎日思います。
人生、笑ってばかりはいられない、でも少しでも笑っていられる時間があるなら、作れるなら、自分で作りたい。
苦しいけど乗り越えて笑える日々を作りたいとそう思う毎日です。
私はひまわりのおばさん。

今日は朝から、頭に血がのぼりそうだった。
もちろん今日も一日の始まりは、ポチ(犬)の散歩からスタート。
朝食を皆の分作り、洗濯物を干して、、当たり前のことを淡々とこなしていく。『いつもと変わらないのがええねん』と旦那様は言うが、、素直にうなずけないときがある。
これが嫁の仕事なのかと。
それにしても今日も朝から頭に血がのぼった。うちの義理のばあちゃんは、いつもマイナス思考ばかりでグチグチとうるさい。
朝から晩まで、グチグチグチグチ、、、うるさい!!と叫びたくなるが叫べない・・・。
いつものこと、と思いながら過ごしていてもすべてを聞き流せない・・。
『あんた聞いてんの?』と・・・。
は~聞きたくない、聞きたくない、、、
ばあちゃんに対しての愚痴を、台所の水で打ち消すように私も愚痴を吐いている。
そんな私も嫌だ。

今日もまた、いつもの韓流ドラマの時間。そう、ばあちゃんの時間がやってきた。
お昼になるとばあちゃんが必ず見るのが韓流ドラマ。
80をまわったオババが韓流ドラマにくぎ付け。
この時間は私語禁止・・・ひとたび発すれば、『黙ってか!聞こうへんねん』と怒鳴り散らす。
だからこの時間は私語禁止で暗黙の了解がある・・・。
でも今日は、たまたま息子と孫が実家に帰ってきていた。
まだ2歳になる孫。そんな暗黙の了解なんて知らないわけで、騒ぐのなんの・・・。
ダメと止めると余計に騒ぐ・・・
ばあちゃんは、目つきがどんどん悪くなる・・・
あ~終わった・・・・いやだいやだ。

案の定、私に嫌味を言ってきた。
あ~頭に血がのぼる。なんて言われているかわからないぐらい血がのぼる。
必死にこらえる私。

『いつもと変わらないのがええねん』

という旦那様に言われた言葉がふと思い浮かぶ・・・・やっぱり素直にうなずけない。


今日は11時頃にひと段落した。

やっと私だけの時間。今日もドラマでこころを癒そう